私の相場予測(過去の実績)

2020/08/25執筆時点

こんにちは、ヲタク部長@yutoriのトレンドトレーダー(@yutoriBoochan)です。このページは私の相場予測(過去の実績)のアウトプットになりますので、興味がある方のみご覧ください。私としては、なぜそのように予想したのかの疑似メモにできればと記載しています。


BTCV(ビットコインボルト)価格下落を予想。

 

2020/08/23

BTCVが0.03BTC(約360$)を割ると奈落の可能性を予想。

<理由>

BTCV(ビットコインボルト)の価格上昇した時のペースが更なる上昇がないと考える判断になりました。1万円に到達するまでが長く、その後2万円、3万円・・・とどんどん上昇してきました。私は毎日チャートを見つつ板情報も見ながら1億円以上の利確を3万円台から確認しています。大口が利確を進めていることを板取引を見ることでわかりました。

そして、50,000円到達後に定着できずに下落。「ダブルトップ」をつけたことで、一つの終焉の可能性を感じました。特に8/1については、出来高があったことから「上げきらずに出来高が伴っている」ことから「売却が進んでいる」との見解でチャートを見てました。結果的に高値切り下げの安値揃いの「ディセンディングトライアングル」ができていたことから、チャート分析できる方であれば下落を予想できるものだったと思います。

【結果】

2020.8.24に暴落。最高値時約500$から81.35$まで急落する形となりました。

 


TWT(トラストウォレットトークン)価格上昇を予想。

 

2020/07/18

コインオタクメディアに上がりそうな銘柄を寄稿。TWTの上昇を予想。

<理由>

是非、コインオタクメディアへの寄稿をご覧ください。

coin-otaku.com/topic/56869

【結果】

2020/08/16に最安値0.35円から、約6円の「約17倍」の上昇しました。

 

 

 


BTC(ビットコイン)価格上昇を予想。

 

(7/26のC&Yの日曜日配信のトークで予測)

2020/07/26

ビットコインの価格(約102万円)について言及し、130万円までの上昇を予想。

<理由>

「ダウ理論」による、安値切り上げを4時間足チャートで確認していたこと、また移動平均線の「パーフェクトオーダー」(詳しくは、こちらの記事をご覧ください。)が発生していることで相場が強気相場であると考えました。130万円の予想は、直近の100万円台で勢いよく飛んだ場合の上昇率について過去の上昇率から計算した際の数値です。

【結果】

7/27よりBTCの価格が上昇し始め、2020/8/17に遂に到達しました。

bitFlyer取引所:1,325,062円(差25,062円)

 

(トレーディングビュー:bitFlyer)


BTCV(ビットコインボルト)の価格上昇を予想。

 


 

2020/02/13

将来的にBTCVの価格が上昇することを予想。

<理由>

BTCVの存在により暗号資産市場が変わったと感じました。これまでアルトコインの発行主がいてチャートは取引所に上場しトレーダーなどの一般投機家によりつくられるものでしたが、マイニング会社が自信を持って作り、BTCVは時代が変わったことを示す模範になるものと考えました。10万円購入することも困難だったのが2月です。

【結果】

2020/08/01に約50,000円になりました。

 


BTC(ビットコイン)の年内の価格予想。

2020.1.1

ビットコインの価格について言及し、最安値46万円(4000$)〜最高値180万円(16000$)を予想。

 

<理由>

「逆三尊」気味に上昇すると思いましたが、上昇するためには屈伸が必要で下落が必要です。2019年のチャートを2018年のチャートと比較しながら過去の下落率とチャートの形状から水平線を引いて、どこまで下落するかを計算しながら近くの意識される水平線を探しました。それが安値46万円あたりでした。

【結果】

2020.3.13に大きくBTC(ビットコイン)が下落しました。

bitFlyer取引所:441,900円(差18,100円)
Binance取引所:3782.13$(差217.87$)

 

(トレーディングビュー:bitFlyer)

 

(トレーディングビュー:Binance)

 

最新情報をチェックしよう!

テクニカル分析の最新記事8件

>トレンド情報をお届けします

トレンド情報をお届けします

LINE公式アカウントではトレンド情報などを配信中。