暗号資産を電子マネーチャージ・自動積立できるディーカレット


 

仮想通貨を始めたい人は、まずは暗号資産取引所を開設する必要があります。
いろんな取引所があって迷うところですが、私のおすすめは金融庁に認可されている日本の暗号資産取引所DeCurret(ディーカレット)
なぜならDeCurret(ディーカレット)には少額ずつでも暗号資産を形成できる自動積立と、取引所には珍しい電子マネーチャージの機能が備わっているからです。

それでは、そのDeCurret(ディーカレット)について詳しくご説明していきます。

投資は、様々なリスクを正しく認識したうえで、自分自身の判断と責任に基づいて行う必要があります。本サイトも投資を助長するものではなく、投資を考える機会として運営しております。投資における損失の一切の責任を追いませんので十分理解した上で投資生活をお過ごしください。本サイトが参考になるサイトになれれば幸いです。

DeCurretとは

暗号資産取引所のDeCurret(ディーカレット)は、2018年1月10日に設立された取引所です。

2022年2月1日にシンガポールを拠点に展開する暗号資産金融サービス事業者アンバー・グループが買収し、子会社のWhaleFin Holdings Japan株式会社(ホエールフィンホールディングスジャパン)が株主として運営しています。

(参考:prtimes.jp記事より

 

提供サービス

暗号資産取引所のDeCurret(ディーカレット)では、以下のサービスを提供しています。

  1. 現物取引(取引所)
    ※板取引を用いて暗号資産の売買を行います。
  2. 現物取引(販売所)
    ※DeCurretを相手として暗号資産を購入する。
  3. 暗号資産の入出金
    ※保有する暗号資産を御仁の外部ウォレットなどに送金が可能です。
  4. 電子マネーチャージ
    ※保有する暗号資産を電子交通マネー等へ交換することができます。
  5. 自動積立
    ※指定した頻度で最低500円から自動で暗号資産を購入します。
  6. マイニングマシン販売・運用
    ※マインングマシンの販売・運用サービスを提供(随時)

上記サービスの中でも、気になったサービスを後述します。

入出金手数料について

暗号資産送付手数料について、現時点(2022/02/09)では以下の通りです。

送付手数料
BTC 0.0004BTC
ETH 0.0063ETH

※現在臨時手数料を適用中(通常0.0021ETH)

XRP 0.01XRP
BCH 0.0002BCH
LTC 0.001LTC
ONT 送付・受取機能は準備中
QTUM 送付・受取機能は準備中

※送付手数料は、取引所が行うものではなく暗号資産の承認を行うマイナーに支払う手数料として利用されます。なお手数料は市場などの状況により改定が行われます。

(引用: https://www.decurret.com/fees/ )

電子マネーチャージ機能

暗号資産取引所のDeCurret(ディーカレット)では、一部の暗号資産を以下の電子マネーにチャージすることができます。
暗号資産を電子マネーにチャージできる取引所は珍しく、この機能はDeCurret(ディーカレット)のアドバンテージポイントと言えるでしょう。

  • au PAY
  • 楽天Edy
  • nanacoギフト

電子マネーチャージできる暗号資産の種類

本日時点(2022/02/09)で、以下の暗号資産を電子マネーチャージ等で利用することができます。

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. XRP(リップル)
  4. BCH(ビットコインキャッシュ)
  5. LTC(ライトコイン)

電子マネーチャージ/交換申請には、BTCとETHなど複数の暗号資産を組み合わせて利用が可能です。

利用可能チャージ金額

電子マネーチャージ/交換申請については、最低チャージ金額があり、1,000円(各電子マネー共通)からとなります。
※毎月1日から月末までの合計額は10万円までになります。

1回あたりの最高チャージ/交換申請額について

電子マネーの種類 上限額
楽天Edy 25,000円
nanaco 29,000円
au PAY プリペイドカード 100,000円

※毎月1日から月末までの合計額は10万円までになります。

1回あたりの手数料について

3,000円以上 無料 ※1
3,000円未満 110円相当額(税込) ※1 ※2

一般的な取引所とDeCurretの利用方法の違いについて

一般的な暗号資産取引所からお店で利用するまでの簡単な流れは以下のようになっています。

  1. ユーザーがお金を銀行に入金
  2. 銀行から暗号資産取引所に振り込み
  3. 取引所から銀行に出金
  4. 銀行からお金を出金
  5. 引き出したお金を電子マネーにチャージして利用

しかし、この流れをDeCurret(ディーカレット)の電子マネーチャージを利用すると以下のイメージ図のようになります。

 

  1. ユーザーがお金を銀行に入金
  2. 銀行からDeCurret(ディーカレット)へ振り込み
  3. DeCurret(ディーカレット)から電子マネーへチャージ
  4. 電子マネーをお店で利用

上記のように、銀行からお金を引き出す手間がなく、またご利用のスマートフォンですぐに操作が可能になるというメリットがあります。

電子マネーチャージとギフトID交換申請について

au payの場合について

以下の手順で電子マネーチャージをすることができます。

  1. 電子マネーのチャージ/交換でau payを選択する。
  2. チャージ金額を入力する。
  3. チャージ金額と交換する暗号資産(仮想通貨)を確認し申請する。
  4. チャージ完了
楽天Edyとnanacoの場合について

以下の手順で電子マネーギフトサービスを利用します。

  1. 電子マネーのチャージ/交換で楽天Edyもしくはnanacoを選択する。
  2. ギフトIDの交換金額を入力する。
  3. 交換金額と交換する暗号資産(仮想通貨)を確認し申請する。
  4. 受取り手続きを外部サイトに接続して行う。

※「楽天Edy」「nanaco」は、電子マネーギフトサービスです。ギフトIDを登録(交換)することで、ギフト金額をお持ちの電子マネー等で受け取ることができます。

500円から自動積立でコツコツ運用

DeCurret(ディーカレット)では、以下のように頻度を指定して毎回一定の金額で暗号資産を購入することができるサービスがあります。

  1. 毎日1回積立
  2. 毎週1回積立
  3. 毎月1回積立

自動積立については、積立する銘柄頻度金額を指定するだけで、最低500円から積立購入することができるため、初心者の方にお勧めです。

自動積立概要について

本日時点(2022/02/09)では、3銘柄について自動積立の銘柄があります。

  1. BTC/JPY
  2. ETH/JPY
  3. XRP/JPY
一つ目の「BTC/JPY」について

Bitcoinは、もともと Satoshi Nakamotoという名前を使用して、1人または数名のグループによって2008年の白書で紹介された分散型仮想通貨です。その後まもなく2009年1月にローンチされました。Bitcoinはピアツーピアのオンライン通貨です。全ての 取引は、平等な独立したネットワーク参加者の間で直接行われることを意味し、仲介業者を通した取引の認可または実行の必要を有しません。Bitcoinは、Nakamoto氏自身の言葉によると、「金融機関を経由することなく、ある当事者から別の当事者へと直接オンライン決済する」ことを可能にするために作られました。同様のタイプの分散型仮想通貨の概念はBTCに先行するものもありますが、実用化されたもので言うと、Bitcoinが最初の仮想通貨です。

(引用:coinmarketcap.com )

二つ目の「ETH/JPY」について

Ethereumは、独自の仮想通貨Etherを備えた分散型オープンソース ブロックチェーン システムです。ETHは他の 仮想通貨 のプラットフォームとしても機能し、分散型の スマートコントラクト の実行用にも機能します。
Ethereumは、Vitalik Buterin氏による2013年の白書で初めて紹介されました。Buterin氏は、他の共同創設者とともに、2014年夏のオンライン公開販売でプロジェクトの資金を確保し、2015年7月30日にブロックチェーンを正式に立ち上げました。
Ethereumの目標は分散型アプリケーションのグローバルプラットフォームになることで、検閲、ダウンタイム、不正等に強いソフトウェアを世界中のユーザーが作成して実行できるようにすることです。

(引用: coinmarketcap.com/

三つ目の「XRP/JPY」について

XRPはRippleNetと呼ばれる支払いプラットフォームに搭載された通貨です。RippleNetはより大きなXRPレジャーと呼ばれる分散型台帳データベースで運用されています。RippleNetは、Ripple社によって運用されていますが、XRPレジャーはオープンソースでブロックチェーン型ではありません。前述のように、分散型の台帳データベースです。

(引用: coinmarketcap.com/ 

自動積立時の購入について

DeCurret(ディーカレット)の販売所の購入レートを参照し、積立申込順にて、指定した日の21:00から順次実行されます。
※執行時間:21:00~23:00までの間に行われる予定です。

ただし、積立実行時に日本円残高が不足していた、または、積立金額が注文時の注文総額に満たない場合等、積立ができない事象が起きた場合は、積立は行われません。

積立を毎営業日から毎週などの条件変更をしたい場合は、一度積立解約を行ってから翌日に再度ご登録ください。
※同一銘柄の積立を複数登録することはできません。

自動積立時の解約について

自動積立を解約したい人は、お手続き翌日に処理が行われます。ただし、DeCurret(ディーカレット)側での処理により翌日中に手続きが完了しない場合があります。あらかじめ余裕を持ってご利用ください。

その他、お問い合わせについては、公式サイトの「お問い合わせ」をご覧ください。

口座開設の簡単ステップ


  1. 新規登録(ゲスト登録)
    DeCurretのサイト(上のバナーからも行けます)に入り、右上にある新規登録から登録を進めていきます。
    まずはメールアドレスとパスワードを設定。
    ※返信メールが届いてない場合は、迷惑メールなどにメールが入ってないかご確認ください。
  2. ベーシックアカウントの申込
    ①で登録したメールアドレスと、パスワードでログイン後に登録情報を入力して本人確認書類を提出
    ※運転免許証などをご準備ください。
  3. 開設完了
    ログイン後に日本円もしくは、暗号資産を入金して取引をすることができます。

【先着】100名様にプレゼント

以下のリンクよりDeCurret(ディーカレット)に登録され、本人確認申請までされた方に限定でyutoriオリジナルの動画(約10分)をプレゼントさせていただきます。

こちらの動画は、BTCの過去の動きを分析し2019年2月から2021年まで、ある手法にもとづきトレードした場合に、

100万円  700万円

7倍近く上昇に乗れた手法を説明した動画をお届けしています。
※セミナーで説明した際の録画動画となります。


プレゼント付きの本サイトから登録いただけると幸いです。

 

動画プレゼントの3ステップ

先着順の動画をプレゼントにあたり、以下の手順でご連絡ください。お待ちしております。

  1. 本サイト(バナーをクリック)よりDeCurret(ディーカレット)を登録
  2. ベーシックアカウントで本人確認を申請
  3. 下記の公式LINE宛にご連絡

公式LINEには、①登録時のメールアドレスと、②ベーシックアカウント申請中の画面を提示ください。

▼以下より連絡可能▼


【注意事項】
下記の場合はプレゼントの対象外となります。
・虚偽または悪戯によるお申し込み
・同一ユーザー(氏名、住所、電話番号が一致するユーザー)から重複して行なわれた際の2回目以降のお申し込み
・本サイト以外からの登録



最新情報をチェックしよう!
>トレンド情報をお届けします

トレンド情報をお届けします

LINE公式アカウントではトレンド情報などを配信中。