【実話】2万円から100万円にするトレード術

専業トレーダーのyutori部長(@yutoriBoochan)です。今回は、トレード育成塾で現役トレーダーで2万円から100万円にする凄腕トレーダー(@chindrumFXのお話をもとに2万円から100万円にした手法についてご紹介します。

トレードは「お金持ちのお遊び」である

まず、前提として頭に入れとくべきなのがハイレバレッジ(100倍とか)は、資金の少ない人向けのサービスです。

お金持ち(例えば1億円以上を持ってる人)は、トレードをする時に「ハイレバレッジ」を利用したトレードはしないでしょう。なぜなら、危険を犯すことなく資金を増やすことができるからです。

1万円の民と1億円の金持ち

レバレッジはテコの原理のようにレバレッジ100倍(1万円を100万円を証拠金としてトレードと同じロットが可能になる)つまり、所持金よりも多くのロットエントリーが可能になります。

「1万円」を得るための労力

例えば、準備した証拠金が1万円の人が、1万円を得るためには「2倍(200%)」勝つ必要があります。

しかし、お金持ち(1億円)の場合は違います。お金持ちにとって1万円を得るためには「0.01%」になります。つまり、前者は2倍を得るためのトレードをしなければいけないですが、後者については、0.01%のトレードで目標を達成することが可能になります。

前者は、できるだけ早く2倍にしたいので「レバレッジ」を活用しながら資金を増やすことになります。

お金持ちの場合

(BTC/USD_日足)

 

上記はBTC/USDのチャートに205MA(移動平均線)を追加したものです。チャートを見ていただくとわかるように、205MAよりも上にロウソクがある場合、価格が上がっています。逆に、205MAよりも下にロウソクがある場合、価格が下がっています。

MA(移動平均線)に対して、「MAの上にロウソクがあれば、市場が強気」、「MAの下にロウソクがあれば、仕様が弱気」と判断することができます。

つまり、お金持ちは「複数回の取引を必要とせず、市場が強気相場か、弱気相場か」を見分けるだけでも利益を得ることができます。

すごく、簡単なチャート読みになりますが、資金に余裕がない人が同じようなトレードをしてもお金が増えません。

お金持ちは「お金持ちのトレード」
少額資金の人は「レベルの高いトレード」しなければ資金が増えません。

少額トレードから100万円を目指すために必要なこと

大局を読む(上昇・下落トレンド)

「短期トレード」であれば、5分足、10分足でトレードするので大局をみる必要がないと思ってる方が多いかもしれません。しかし、実際には大局から見る必要があります。

 

月足⇨週足⇨日足⇨時間足⇨分足⇨エントリーしたい足

 

例えば、あなたが「ロングで攻めたい」と考えても、市場が下落トレンドであれば、ロングしたいトレード機会は多くありません。「ロングで攻めたい」と考えるなら「上昇トレンド」でエントリーする機会が多く、比較的に資金は増やすことが容易になります。

 

上昇トレンド・・・買いが強く、短期的に下落しても直近高値を超えて上昇する。

レンジ・・・相場の方向が定まっていないため、上下に反発しあう。

下落トレンド・・・売りが強く、短期的に上昇しても直近安値を割って下落する。

利用する手法を理解していること

自分自身がトレードする際に、どんなトレードをするかを「口で言える」ぐらい明確にしていた方が良いでしょう。水平線を重視したトレードなら、なぜ、それに特化しているのか?など「水平線」について深く考え自分に落とすと良いでしょう。

今回の配信の中では、ボリンジャーバンドについてお話がありました。

ボリンジャーバンドとは、「移動平均線」と「標準偏差」で構成されてます。上下の値動きの幅が大体バンドの中に収まる「統計学」を応用したテクニカル指標のひとつです。

ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に収まる確率 ⇨ 約68.3%
ボリンジャーバンドの±2σの範囲内に収まる確率 ⇨ 約95.4%
ボリンジャーバンドの±3σの範囲内に収まる確率 ⇨ 約99.7%

もし、ボリンジャーバンドの「3σ」を意識して、エントリーすると反発する可能性があります。しかし、ボリンジャーバンドの統計学について知っていれば、3σを超えて更に価格を超えた場合は、エントリーのタイミングだけでなく「買いが強いかもしれない、押し目でエントリーを考えよう」と次の相場を想定することができます。

トレードで利用する「水平線」「インジゲーター」については最低限知っておきましょう。それは、次の相場を予測するためです。

トレードスタイルを知ること

あなた自身が、どんなトレードを好んでいるのかを知りましょう。例えば、ボリンジャーバンドを好んでいるなら、ボリンジャーバンドのどんな手法が上手くいくかを考えるのです。移動平均線を利用した場合も同じです。移動平均線のうち、どこでエントリーしているのかです。

(例えば)
①水平線を引いて

②移動平均線を3本表示させて

③パーフェクトオーダーが発生してから、始値からエントリーする。

④パーフェクトオーダーの収束、かつ短期の移動平均線にロウソクが当たった場合にクローズする。

などのように、具体的に自分のトレードスタイルがあるかを確認しましょう。

「感覚」

でエントリーしても勝つことはできません。

エントリーを見極めること

あなたが多くの資産を保有してる場合は、大局をみて「買いが集まり易い」とこでエントリーすると良いかもしれませんが、少額トレーダーは更に難しい相場(大局が変わる前など)でエントリーして資金を増やす必要があります。

さらには、レバレッジを高くしてエントリーする場合は、利益が大きくなる分、損失も大きくなります。「損失」を減らすためには、「エントリーを絞る」ことが大事です。できるだけ、「損失の小さいところで済む」ところを狙うエントリーが求められます。

「どこのエントリーが良いのか?」

その場所を自分で見つけ出し、その精度を高めてく必要があります。

 

(パーフェクトオーダーで高値を超えたところでエントリー)

過去を振り返ること

トレードで上手くなるコツは「自分を知る」ことです。自分にあったトレードをすることで勝率・利幅を増やしていくことができるでしょう。

トレードノートをつけることで自分を知る

以下は参考です。

トレードノートはPCでキャプチャ取って保存した方が効率がいいです!
・エントリー日時
・通貨ペア
・エントリーレート、ロット数
・撤退ライン(損切りライン)、想定損失額
・利確目標ライン、予想利益額
・決済レート、獲得/損失pips、損益額
・EXIT日時
・エントリー根拠
・実際の動き ・感情の流れ ・気づきと反省の総評 この項目をチャートのキャプチャと一緒に保管してください! おすすめノートアプリ evernote https://evernote.com/intl/jp notebook https://www.zoho.com/jp/notebook/

2021/06/16のzoom勉強会より

 

まとめ

多くの人が夢を描く、少額トレードから大金を得る手法についてまとめてきました。実際に実現するためには根気・努力・継続が必要になります。もし、面倒だと思う人は、別のやり方もしくは資産を形成して比較的容易な相場で勝負することが良いでしょう。

諦めなければ、いずれ光が見えてきます。しかし、その光が1週間後なのか、1ヶ月、3年後なのか、その人の素質や努力によりますが、自分を信じることが求められます。

夢を掴みたい!!と考える人は、是非参考にしてみてください。

最新情報をチェックしよう!
>トレンド情報をお届けします

トレンド情報をお届けします

LINE公式アカウントではトレンド情報などを配信中。