Koindex(コインデックス)は第2のXEXとして「爆益」を得られるのか考えた

2018年から盛り上がりを見せた海外の暗号資産取引所のCROSS Exchange(クロスエクスチェンジ)がトルコに新規取引所Koindex(コインデックス)を開設します(2020.6.1〜)

1.話題になったCROSS Exchange(クロスエクスチェンジ)取引所とは何か(概要、基本情報)

海外の暗号資産取引所CROSS Exchange(クロスエクスチェンジ)は、CBASE FINTECH LAB LLC社が運営する取引所でアゼルバイジャン共和国に拠点があります。

海外の暗号資産取引所CROSS Exchange(クロスエクスチェンジ)は、2018年11月24日に取引所がオープンしました。マイナーな取引所でしたが、いち早く「取引マイニング」の凄さに気付き、爆益が得られることに気づいた人が、コツコツと資産が増え資産5倍以上(うまくやられた方は10倍になったとか)になるユーザーが現れました。

CROSS Exchange(クロスエクスチェンジ)は、取引所独自のXCRコイン(エックスシーアールコイン)と、保有していると取引所の収益の一部が配当されるXEXトークン(ゼックストークン)があります。

2.早期参入者に資産を増やす機会を与えたXEXトークン(ゼックストークン)

保有するだけで取引所の収益の一部が配当される「XEXトークン」(ゼックストークン)は、大変好評でXEXの価格が下落しても保有している人が多数います。

(XEX/USDTチャート)

取引所開設0.04$から天井は0.18$まで上がりました。現在は下火ですが、Koindex(コインデックス)取引所により価格が戻ってくる(上昇)期待がされています。

XEXトークンの価格が下落した理由として、「市場に配りすぎた」ことが指摘されています。そのため、Koindex(コインデックス)で取引されるたXEXトークンはCXファンドに回収されます。市場からXEXトークンが回収されることで売り圧力を抑制します。

 

(2020/05/11時点)

XEXトークン(ゼックストークン)は、CROSS Exchange(クロスエクスチェンジ)取引所の収益の一部が配当でもらえますが、XEXトークンの価格が下落しすぎています。

しかしながら、現在(2020/05/11時点)価格が下落してもなお、「69.7%」のロックアップ(取引所に預けるイメージで、ロックアップすることで取引所収益配当率が上がります。)があります。

価格が下落しても保有しているのは、CROSS Exchange(クロスエクスチェンジ)取引所の思想や熱意にファンが存在しているからだと思います。

 

 

CROSS Exchange(クロスエクスチェンジ)のXEXトークンで資産を増やした方の行動を見ると、「早期」に動き始めることが、資産を増やす一つの手法(方法)だと考えている人は多いと思います。

 

2020年6月1日、6月2日が「XEXトークン」保有者の特権として、Koindexプレマイニングに参加することができます。XEXトークンを使用して自動マイニングをおこない、「Koin」を取得するものだと思います。

私も初期のマイニングから参加しようと考えていますが、それは合理的に考えて早期に入ることに優位性があるからです。

①ツイッターで「Koindex」を検索すると、多くの方が投稿している。
→お金を入れる気で、まだか、まだかと6月1日を待っている。

②最初は取引所開設により資金が入り易い。
→Koin保有者が少なければ配当が多くもらえる。

※配当の計算式
①プラットフォームの総収益÷②現在のKOIN発行量×60%=1 KOINあたりの配当額/日(多分)

 

3.Koindex(コインデックス)に「XEXトークン」がない。

BTC、ETH、XRP、KOIN、LTC、MELCIの6名柄しか見当たりません。そのため6月1日は参加するために、

①CROSS Exchange(クロスエクスチェンジ)でXEXトークン(ゼックストークン)を購入

②CROSS Exchange(クロスエクスチェンジ)でXEXトークン(ゼックストークン)をKoindex(コインデックス)に送金

③Koindex(コインデックス)で自動マイニング開始。

上記③つやる必要があるかもしれません。今のうちにCROSS Exchange(クロスエクスチェンジ)に登録して、XEXトークンを準備しておきましょう。

4.Koindex(コインデックス)登録と二段階認証登録、KYC(本人確認)登録申請をする。

1.Koindex(コインデックス)をクリック。

2.メールアドレスとパスワードを入力して送信。

 

3.登録したメールに認証コードが送られます。

4.ログイン後、すぐに二段階認証を登録します。

 

5.My Accountをクリック

 

 

6.①が二段階認証になります。

 

 

7.②がKYC(本人確認)

 

 

なお、自動マイニングについてはKYC(本人確認)の申請が通ってない場合、参加することができません。

私が参加しようと思うのは、優位性の話です。
ファンがいて、資金が入りそうな雰囲気が感じ取れるため、様子見で競争相手が少ないこの状況であれば、取引所からの配当による資金回収もすぐにできるかもしれない。と考えるからです。(10倍銘柄分析)

 

免責事項:本サイトでyutoriの見解などを記載していますが、簡単に儲かる等の絶対事項はありません。本サイトを参考にしたポジションやエントリー及びその他事項で不利益が生じた場合など含め、一切の責任を追いません。投資は自己責任です。全てを理解した上で参加をお願いします。
最新情報をチェックしよう!
>トレンド情報をお届けします

トレンド情報をお届けします

LINE公式アカウントではトレンド情報などを配信中。