ロウソク1本を分析して、ビットコインのトレンド(大局)を先読みしてみた

今のところ過去のトレンド投稿は、外れてないないですね。良きです。

今回は、ビットコインのロウソクチャートからみる「プライスアクション」について投稿します。
これをなんとなくでも理解できると、ビットコインの今後の値動き(トレンド)を予測しやすくなります。
テクニカル分析をするにあたり是非参考にしてください。

ロウソク足の基本

まずは基本的なロウソク足の説明です。

相場には、必ず始値(はじめね)・高値(たかね)・安値(やすね)・終値(おわりね)が存在します。これらの「値」を4本値(よんほんね)と言います。
一定期間の相場(日足や月足など)を一つの図形にまとめたものが「ロウソク足」と言われます。

始値と終値に挟まれた部分を「実体」(じったい)といい、実体からからはみ出した高値と安値に伸びる線を「ヒゲ」と言います。
高値に伸びる線を上ヒゲ(うわひげ)、安値に伸びる線を下ひげ(したひげ)と言います。

基本的な動きとして、陽線であれば下の始値から安値で折り返し、高値で反転して終値で次のロウソクを形成します。(下①→上②)
逆に陰線は、上の始値から高値で折り返し、安値で反転して終値で次のロウソクを形成します。(上①→下②)

ロウソクの形と見方

ロウソク一本に市場の想いが込められています。ロウソクを形成する値動きを「プライスアクション」と言います。ロウソク足の集合体からテクニカルチャート分析ができます。
例えば、ビットコイン市場では、下落トレンドから相場が変わるトレンド転換のサインとして「二点底」や「三点底」、「逆三尊」などが見られます。これらはロウソク足の集合体から形成されています。ロウソク一本に注目した分析は、チャート分析の一つです。

小陽線のロウソクの形と見方のまとめ

チャートで見られるロウソク(①〜④)に注目して、相場に対する値動きをまとめました。

①上昇期待ロウソク

②市場が迷ってるロウソク

③高値で出現した時の警戒ロウソク

④上昇期待のロウソク。
ただし、高値出現で下落する可能性があります。

小陰線のロウソクの形と見方のまとめ

⑤下落一服のロウソク

⑥市場が迷い中のロウソク

⑦下落継続のロウソク

⑧安値で反発のロウソク、高値で反発のロウソク

以上、①〜④が小陽線ロウソク、⑤〜⑧が小陰線ロウソクの形とその見方でした。

ビットコインに当てはめてみた。

直近のロウソク足で気になるところは青矢印の「上ヒゲ」と「下ひげ」です。先ほどの「ロウソクの形と見方」の③と⑧になります。

③高値で出現した時の警戒ロウソク

高値圏に見られたことで、下落する可能性がありました。

⑧安値で反発のロウソク、高値で反発のロウソク

下落してから、最安値で反発して価格を戻しました。その後、ビットコインの価格が上昇しました。

【まとめ】
トレンドが上昇に向いましたが、大きく上昇しませんでした。
上昇してから下落しています。それでも、青色の四角ボックス内を崩して下落していません。また、底値を切り上げているため短期に上昇トレンドであることが分かります。
もし、この青色の四角ボックスを割る場合は「下落トレンド」発生と考え、新規のビットコイン買いは注意が必要と考えます。

大陽線のロウソクの形と見方のまとめ

チャートで見られるロウソク(⑨〜⑪)に注目して、相場に対する値動きをまとめました。

⑨大上昇を期待させるロウソク

⑩強い上昇相場が期待できるロウソク

⑪上昇が止まりの可能性があるロウソク

大陰線のロウソクの形と見方のまとめ

チャートで見られるロウソク(⑫〜⑭)に注目して、相場に対する値動きをまとめました。

⑫大幅下落のロウソク

⑬下落相場に表れた底打ちロウソク

⑭強い下落相場が続くロウソク

以上、⑨〜⑪が大陽線ロウソク、⑫〜⑭が大陰線ロウソクの形とその見方でした。

ビットコインに当てはめてみた

上記のチャートは、⑩の形に近いと考えています。結果的にも上昇しています。

別のチャートで見てみます。

上記のチャートは、⑭の形に近いと考えています。結果的にも下落しています。

ロウソク一本に注目することは、チャート分析のひとつになります。また、次が下落するか、もしくは上昇するか予測することができます。

今のビットコインの相場をプライスアクションで確認してみた

BTC/USD Bybit/月足

これまでのトレンドは、2019年の始めに上昇トレンドが始まり、6月にトレンド転換がありました。その後に下落トレンドが発生し、12月に底打ちが見られるロウソクが出現しました。
しかし、2月に高値をつけて下落トレンドに転換しています。
半減期の期待上昇を市場に匂わせながら、上昇トレンドは継続しませんでした。
直近は下落トレンドです。
ただ、3月相場の大幅下落とそれを戻した買い圧力から、トレンド転換の可能性が見られます。
4月にどこまで価格が戻るか(下落)気になりますが、できるだけ安値に近づけながらビットコインを買いたいと思ってます。

 

免責事項:トレンド(大局)について本サイトでyutoriの見解を記載していますが、トレードにおけるポジションやエントリーの推奨等しているわけではありません。本サイトを参考にしたポジションやエントリー及びその他事項で不利益が生じた場合など含め、一切の責任を追いません。投資は自己責任です。全てを理解した上でトレードをしてください。
最新情報をチェックしよう!

テクニカル分析の最新記事8件

>トレンド情報をお届けします

トレンド情報をお届けします

LINE公式アカウントではトレンド情報などを配信中。